トップページ >ニキビのメカニズム

ニキビのメカニズム

成長期である時期にニキビで悩む人も多いですが、大人になってもニキビができたり、ニキビが治りづらい、繰り返す、ニキビ跡ができるなど年齢が上がっても悩みの尽きない肌トラブルですよね。

 

まずは、なぜニキビができるのかを理解していなければ、できないように予防したり改善することは難しいといえます。

 

ニキビができるメカニズムというのは、あることが原因となり皮脂の分泌が盛んになり、古くなった角質や脂が毛穴に詰まることでニキビの原因菌であるアクネ菌が増えておこります。そのあることというのは生活や体質、ホルモンなどです。

 

男女問わずありうることとして、日々のストレスや乱れた食生活や脂っこい食事などがあげられます。女性としてあることといえば、日常使用する化粧品と女性ホルモンが関係しています。

 

化粧品というのは石油が配合されているため、顔に油を塗っているのと同じことなのです。女性ホルモンは生理が始まる前にホルモンの分泌が盛んになることで皮脂も同じく分泌量が増えるのです。

 

これらを知っておくと皮脂分泌されやすい時に気を付ければいいということになります。しかし、皮脂の分泌が盛んだからといって皮脂を取ろうとあまりごしごし洗っては逆効果になるので注意が必要となります。

 

皮脂も肌を守る役目があるため、余った分だけしか洗い落としてはいけないということです。毛穴に詰まった古い角質や老廃物を取り除くのが一番のニキビ肌とさよならできる近道となります。

 

毛穴が開いていては老廃物がたまることになるので、毛穴を引き締めるためにも保湿をするなどのスキンケアが大切です。繰り返すニキビやニキビ跡に悩んでいる人は、日々の肌ケアを見直すことで改善し新たなニキビができないように予防することもできます。