トップページ >炭酸パックの使い方と工夫

炭酸パックの使い方と工夫

肌の悩みを解決するために使用する炭酸パックは、正しい使い方をしなければ効果を存分に感じることができないため、守るべきところや工夫するところを知っておいた方がいいですよ。最初にすることは洗顔です。

 

メイクしたままパックをしては効果が得られませんので、しっかりとメイクを落とし洗顔しておきます。炭酸パックには美容成分が含まれている為、洗顔後の保湿は不要です。次にすることは、必ずする必要はありませんが効果を多く得るために、顔を冷やすということです。

 

炭酸のしゅわしゅわと泡が出やすくなる温度は15度くらいなので、私たちの体温では高すぎる為水にぬらしてしぼったタオルやアイスノンでもいいので顔を冷やしてみましょう。冷やしたら、パックを準備していきますが、通常のパックと違い炭酸パックはジェルと粉の2種類をスパチュラで混ぜて肌に乗せるのが特徴です。

 

その混ぜる作業で、2種類をきれいに混ざるまで混ぜてしまうのはやりすぎで、これでは肌に乗せたときに炭酸の泡がでなくなってしまうので注意が必要です。ある程度混ざって粉が残ってる程度がジャストです。

 

準備ができたら時間を置かずに顔に乗せていきます。

 

顔が冷たいうちに、まんべんなく顔全体に乗せていきますが、通常のパックと違い炭酸パックはまぶたあたりや口周りなど皮膚の薄い部分にも大丈夫なのでそこまで塗ります。厚く塗ればしっかりとガスが発泡しますが、だいたい全体に1〜2ミリ程度の厚さで塗っていきます。

 

発泡を楽しみながら15分から30分経ったら洗い流して完了です。美容成分をいっぱい取り入れたいと30分以上パックし続けることは、逆効果になりますので時間は守って使うようにしましょう。