トップページ >少しでも早く口内炎の治療をしたい

少しでも早く口内炎の治療をしたい

口内炎が痛い

 

口内炎になってしまうと、口の中が痛くなってしまいますから、少しでも早く治療をしたいという人も多いでしょう。口内炎は、口の中の粘膜が炎症を起こしてしまっているわけですから、食事をしている時だけではなく、話をしているだけでも痛みを感じたり、口の中が腫れてしまって違和感を感じたりしてしまいます。

 

特に舌というのは、口の中でも神経が集中していますし、無意識のうちに動かしてしまうことが多いですから、かなりの痛みを感じてしまったりするということもあります。

 

潰瘍が表面に出て触れてしまいやすくなっていることによって痛みを感じるようになります。口内炎が改善されていくことによって、潰瘍が膜によって保護されて、痛みを感じなくなっていくことになります。

 

ですから、口内炎を少しでも早く治療したいのであれば、いかに早く膜で保護をすることができるかが重要になってくるのです。

 

早く膜をはるために

 

まず口内炎になってしまったのであれば、鍼薬や軟膏などを使って、炎症を起こしている部分を鎮静化させるようにしましょう。なお、病院だとステロイド剤が含まれている軟膏が処方されることが非常に多いです。ドラッグストアなどでも、口内炎の治療をすることが目的になっている薬はたくさん販売されています。その中で、特に効果が期待できるのは、やはりステロイド剤が使われている軟膏や貼り薬となっています。

 

貼り薬の場合、直接患部を保護することができるようになるため、痛みを軽減させやすくすることができるようになります。ただし、ステロイド剤が使われている薬を、ウイルス性やカビによる口内炎に使用した場合、症状が重くなってしまうケースも多いです。

 

また、薬だけを使うのではなく、免疫力を高めるために、疲労を取り除いていくことも大切です。そのためにも、プロポリスを摂ることも重要です(参考:プロポリスの効果について)。

 

レーザー治療もある

 

口内炎を素早く治すための方法として、レーザー治療で治療をするという方法もあります。レーザーを使って、潰瘍ができてしまっている部分を焼き、粘膜を保護していきます。これによって、口内炎を数日程度で治すことができるようになっています。レーザー治療で治そうと考えているのであれば、歯科にいって相談してみてください。

 

ビタミン不足を解消して、早く口内炎の治療をしようとしている人もいるのですが、口内炎になってから解消をしても効果は発揮されません。ですから、口内炎になる前に、しっかりビタミンを摂取するようにして、口内炎予防をすることが大切です。